掛け捨て生命保険って損な商品なの?保険料は安いから魅力!


生命保険を保険料の観点から見ると、最近は掛け捨てタイプのものを増えています。
この掛け捨ての保険料はどういうものなのでしょうか?
保険料を支払い、保険金を受け取らないのであれば、解約返戻金がないタイプのものを掛け捨て生命保険といいます。
それでは本当に損なものと思いますが、貯蓄性のある生命保険と比較をして保険料が格安です。
『万が一』の時にかけられる保険料があまりない、その入院給付金がなかなかの魅力がある場合にはオススメです。
例えば自動車を乗る方が任意保険を払っていると思えば納得されるでしょう。
貯蓄を考えない、何かがあった時だけの最低限の保障がほしい方にとっては、掛け捨て生命保険は魅力です。
入院したら◯円、死亡したら受取人に◯円というわかりやすい内容が特徴です。
生活保障はないものの入院保障だけで良い、とにかく毎月の保険料のお金の負担の軽減、生活費に響かない程度のものが良い方にとっては、掛け捨て生命保険は魅力です。
日本の大企業:生命保険 – NAVER まとめ
貯蓄性のある保険料と掛け捨ての保険料のものでどちらがお得なのかという質問もありますが、生命保険であることだけが同じで、支払う目的などが違うので、甲乙つけがたいです。
貯蓄性のある生命保険の場合は、貯蓄もしているため、当然保険料は高くなります。
その部分をメリットと考えるか、デメリットと考えるかによって、お得感は変わってきます。生命保険の見直しなら株式会社スマイルにお任せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です