サラサラ感!髪の毛が泣いている!

今日はパーマをかけたのでトリートメントをおすすめしますが如何なさいますか?手触りも良くなりサラサラ感を楽しめますよ。
こんなことを美容室で言われたことはないでしょうか?よくある会話だと思うのですが、実際現場に立つ美容師の心のつぶやきを聞いてみましょう!
パーマ液と一般的に呼ばれるものは、アルカリ剤や還元剤という非常に人の肌にとっては劇薬みたいなものです。トイレ掃除などにもよく用いられますね、アルカリ洗剤。ゴム手でも付けなければ大変なことになってしまいます。オキシドールなんかも入ってます。手に付いたままだとガサガサのひどい手荒れ状態にすぐなります。実際美容師さんの手見たことあります?手荒れひどくて辞めちゃう子とか、結構います。
髪の毛に良いわけないです。でも最近ではパーマ液にも色々なサラサラ成分入れて、かけたあと、ほらどうです?パーマかける前より手触り良くなったでしょう、なんて言ってる。表面だけツルツルスベスベ中身ボロボロ…こんな感じです。パーマをかけてすぐトリートメントするとどんなことが起こるか?トリートメントというのは要は表面コーティング。タンパク質補給なんかはまあ良いとして、パーマ液がまだ髪の内部に残っているのに表面を覆ってしまうわけですから…。ボロボロ進行中です。考えたら恐ろしいですね。手触りというのはあくまでも手触りのみ。薬品の力でスベスベにさせてるだけ、見せかけだけですよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です